神の数字は358から369へ変化している

《358は時代遅れの数字?》

ラッキーな数字の組み合わせとして「358」という数字を使っている人はいませんか?

風水では「3」「5」「8」がラッキーナンバーだとされていて

自動車のナンバーでは「358」が一番人氣があるとも言われています。

 

それぞれの数字が表す意味は、

3は金運

5は帝王

8は発展・成功

を表しています。

 

風水では、数字にも運氣アップに繋がる特別な力が宿ると考えます。

 

ですから風水の専門家であるドクター・コパさんは、ご自身の名前を

58(コパ)としているんです。

 

358という数字に不思議な力が宿っているのではないか?
と考えられているのは、風水の世界だけでなく「仏教」「聖書」にも及び、
また私の日常生活の中でも様々なジンクスがあります。

例えば、旧約聖書では「ゲマトリア」という手法によって数の価値を表していて

「358」は「メシア」を表す数字
だとされています。

小林正観さんの大ヒット書籍「宇宙を味方にする方程式」では、

「358は聖なる数字」として紹介されていることから

「358」はラッキーな数字、縁起の良い数字として

車のナンバーや暗証番号など様々な場面で愛用している人も多いと思います。

そういう私も使っていました。

でも、時代が明らかに変わってきたため、

時代の流れと共に

この数字はちょっと時代遅れになっているとも考えられます。

これからの時代の数字は

私は「369」だと考えます。

3は金運

6は愛情

9は智恵

を表します。

それと、この数字をつなげると

「ミロク・弥勒」

になるのです。

ちなみに、3、6、9とは宇宙の数字ともいえる数列になっています。

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9…と並べて
数字を3つずつ足していくとその和が3,6,9の繰り返しになるんです。

つまりですね。

369とは
永遠に繰り返される、

弥栄(共に栄える)数字

でもあるとも言えます。

ここでもう一度、数字の違いを振り返ってみましょう。

358とは

 

3は金運

5は帝王

8は発展・成功

つまり
「権力」「パワー」「相手を従わせる」

ということに関心が高い人が好む数字とも言い換えることができます。

369とは

3は金運(感謝のためにお金を使う)

6は愛情

9は智恵(世の中が真の平和になるための智恵を持つ)

という数字であり、
「愛」「感謝」「智恵」

人間だけではなく
あらゆる生命が共に栄える

愛と感謝に満ちた
弥勒の世を願う
天地彌榮の数字である

と言い換えることもできるのではないでしょうか。


私は今まで使っていた「358」という数字を手放し、

これからは「369」を積極的に使っていくことにいたします。


実はこの数字は、今までも使ってきたのですが、

このところどんどん

私の周りにいる人が変化してきていて

「権力」「パワー」を欲しがっている人は
離れて行っているように思えます。

私自身も「権力」や「パワー」には興味があまりありません。

とはいえ「お金」は現代のこの世界を生きて行くためには
「必要」なものと理解しているので、
「お金」を愛と感謝のために使うものとして手に入れ、
どんどんそのような方向に使って行こうと考えています。

愛と感謝のために使うお金は
いくらあっても困りません。

むしろ
幸せのために
369なお金を得る
ような生き方をしたいですね。*\(^o^)/*

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

幸せのために369なお金を得るための方法は
金運アップセミナーにいらしてみてくださいね !!

2 件のコメント

  • ほんたうの、幸ひという本を、読ませていただきました、
    びっくり‼️したのは、jwティーの事が、載っていたからです。私は、仕事として、jwティーの普及活動をして、4年になります!
    この本を読みたいと、直感して、申し込みました。
    そうしたら、その中に、出ているから、ジェイソンさんからの贈り物かなぁと、凄く喜んで、います!

    内容をしっかりと理解したいから、何度も読み返しています

    • JWティーは実際、郷右近丸彦本人が様々な健康のための商品を実体験した中で、圧倒的に素晴らしいと思ったものです。ですから、素直に「善いもの」として紹介をしているんですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    郷右近丸彦プロフィール 郷右近 丸彦(ごううこん まるひこ) 株式会社スピリッツ・ザ・ウォーター代表取締役 天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)塾長 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事・主任研究員 1959年生まれ 職業・プランナー、プロデューサー、企画コンサルタント。 東京国際大学卒業後、メーカー、マスコミ業界、テレビ事業会社を経て独立。 平成9年9月9日に銀河鉄道999を走らせる「銀河鉄道999フェスティバル」、鳥取県境港市のテーマパーク「ゲゲゲの妖怪楽園」、環境浄化せっけん「善玉バイオ洗剤《浄(JOE)》」など数々の社会現象として話題となるイベント、事業、商品開発などを企画プロデュースする。日本を明るく元気にする「感動プランナー」を育成し、事業プロデュースをする感動創造プロデューサーとして活躍。解決が難しい課題を、わかり安く親しみやすい切り口からアプローチ、話題づくりにつなげることが評判となり、一部上場会社の企画顧問、様々な企業コンサルティングを行う。 現在は「ほんたうの幸ひ」とは何か?をテーマに「天のルール」と「地のルール」を教える「天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)」の塾長として活躍中。全国の神社を案内しながら、古神道にのっとった神社参拝方法や日本人の本質、大和魂とは何かを教えている。 その他役職 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事 主任研究員 趣味 書家。映画、舞台、能、絵画、メディアアートなどの芸術鑑賞 https://www.facebook.com/gogo.ukon