ごめんなさい・と・ありがとう

すべてに感謝ですよ。

と、母から言われて
何十年もたちます。

母は決して
楽な人生を過ごした
訳ではなく
とても辛い思いもした
人生だったと思います。

でも、
会う時は
いつもニコヤカで優しく
元氣でいてくれる。

それがありがたい
と今では心底思います。



人生で必要なことは

「愛と感謝」だ。

と、いうことは
母から教わり
わかっていました。

でも、それは
やはり頭でわかっていた
だけに過ぎなくて
ほんたうに
その重みがわかってきたのは
ごく最近のような氣がします。

自分が
痛い思い
辛い想い
苦しみを味わった時
助けてくれた人たちの
ありがたさが身に染みました。

一番は
私の周りに集まって
くださった
天地彌榮塾の生徒さんたちに
対して思います。

あなたたちこそ
私を助けてくれるために
私の元に「生徒」という
名前に身を変えて
私に教えてくれるために
集まってくれた存在だったのだ。

私は
先生なんていう
偉い存在ではなくて
「伝える」という役割を
果たしながら
逆に話を聞いてくださる
あなたたちによって
救われていたのだ。

と、ようやく
氣がつきました。

そしてようやく
今さらながらですが
私が自分勝手で
傷つけてきた人たち
迷惑をかけてきた人たちに
お詫びをしなくては
ならないのだ
ということも感じます。

まだまだ私は
「感謝が足りない」と
自分のことを振り返ると
思うんですね。

今まで
支えてくれていた人
一人ひとりに
思いをめぐらせ
許してください
と心から頭を下げ
同時に
感謝の氣持ちを伝えて
いかなくてはならない
と、あらためて思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

春になってきましたね。

冬は必ず
春となる

とても好きな言葉です。

ホ・オポノポノの言葉を
春だからこそ
あなたに贈りたいと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ありがとう

ごめんなさい

許してください

愛しています

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

春を迎えての
あなたのことも
教えてくれたら嬉しいです。
コメントか
メッセージくださいね。

今日も一日
あなたが幸せを感じて過ごせます様に

ABOUTこの記事をかいた人

郷右近丸彦プロフィール 郷右近 丸彦(ごううこん まるひこ) 株式会社スピリッツ・ザ・ウォーター代表取締役 天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)塾長 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事・主任研究員 1959年生まれ 職業・プランナー、プロデューサー、企画コンサルタント。 東京国際大学卒業後、メーカー、マスコミ業界、テレビ事業会社を経て独立。 平成9年9月9日に銀河鉄道999を走らせる「銀河鉄道999フェスティバル」、鳥取県境港市のテーマパーク「ゲゲゲの妖怪楽園」、環境浄化せっけん「善玉バイオ洗剤《浄(JOE)》」など数々の社会現象として話題となるイベント、事業、商品開発などを企画プロデュースする。日本を明るく元気にする「感動プランナー」を育成し、事業プロデュースをする感動創造プロデューサーとして活躍。解決が難しい課題を、わかり安く親しみやすい切り口からアプローチ、話題づくりにつなげることが評判となり、一部上場会社の企画顧問、様々な企業コンサルティングを行う。 現在は「ほんたうの幸ひ」とは何か?をテーマに「天のルール」と「地のルール」を教える「天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)」の塾長として活躍中。全国の神社を案内しながら、古神道にのっとった神社参拝方法や日本人の本質、大和魂とは何かを教えている。 その他役職 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事 主任研究員 趣味 書家。映画、舞台、能、絵画、メディアアートなどの芸術鑑賞 https://www.facebook.com/gogo.ukon