大祓いの儀式

《夏越の大祓い(なごしのおおはらい)》

《冬越の大祓い(なごしのおおはらい)》
について解説をいたします。
 
 
特に令和になった今年の
半年の折り返し時期ですので
このことは多くの方が実行されると善いでしょう。
 
難しくなく
しかも費用も低価格でできますから
できる限り多くの人が実践されると
善いと思います。
 
 
大祓(おおはらい)は
神道における行事の中でも
平安時代から続いている重要な行事なのです。
 
 
夏越(なごし)の祓いは、
六月三十日に
 
冬越・師走(しわす)の祓いは、
十二月三十一日
 
の、一年に二度行われる行事です。
 
神社によっては
開催日が若干異なる場合もあります。
 
 
身にも
心にもつもる
罪穢れ(つみけがれ)を
祓い清め、
清浄な姿に生まれ変わり
生活を明るく元氣に励む
ための最強の方法が
 
この大祓(おおはらい)の儀式なのです。
 
ぜひとも、
産土神社さまか
氏神神社さまにて
祓いをしてもらってくださいね。
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
推薦する優先順位の順番としては、
 
①産土神社さま
(必ずやっています)
☆産土さまとは何か? は
一粒萬倍ツアーに参加された方には解説しています。
 
②氏神神社さま
(やっていない神社もあります)
 
③崇敬神社さま
(産土さま系列で大祓を行っている神社)
 
となります。
 
 
どんなに毎日を氣をつけて
暮らしているつもりでも
本人には氣づかない罪穢れは
必ずあるものなのです。
 
 
これは各神社の宮司さま、
天皇陛下であっても
祓いをするものなのです。
 
 
いや、
むしろそのような責任の深い方で
あればあるほど
厳粛に大祓いをするものです。
 
 
神社に行けば
大祓いを受けてくださるように
なっているはずですが、
 
 
もし今行っている氏神さまが
対応していないならば
必ず期間までに
産土さままで出かけて行ってください。
 
 
略式の祓い方法では
 
神社にて人形(ひとがた)などの
専用の紙に
名前と年齢を書いてお渡しすれば
祓いをしてくださいます。
おおむね祓いのための
初穂料(料金)は
500円~1,000円です。
 
ちなみに人だけではなく
車の祓いをするための
車形、バイク形などもあります。
 
 
6月30日の儀式当日だけでなく、
それ以前から受付は行われています。
 
すでにそろそろ
各地の神社では受付が開始されています。
一度神社にて正式に行うと、
翌年から封書で案内をくださる神社も多くあります。
 
その場合、神社に参拝をせずとも、
遠隔操作で祓いをしてくださります。
 
行う方法は二段階のレベルがありますが、
ここでは一般論のみを教えましょう。
上級者向けの二段階目の方法は、
天地彌榮塾生徒にはお教えしています。
もちろん、上級レベルの方法で
祓った方が効果が高くなるのはいうまでもありません。
 
上級レベルだからといって
難しいものではなく
祓う費用が高くなるものでもありません。
 
けれども
こういうことは
一般には教えられないものなんです。
 
これを
神道では「口伝(くでん)」と言い
特別にその教えを伝えても善いと
判断された人にだけ
教える習わしとなっているのです。
 
天地彌榮塾という学校は
こういう「口伝」や
「ほんたうのこと」を専門的に
学ぶための学校なんです。
 
 
これを機会に
学びたいと思えた人は
ぜひ、一緒に学ばれたら
運氣はぐんぐん上がっていきますよ。
 
 
☆ ☆ ☆
 
《正式な祓い方法1・一般的な方法》
 
①人形に、フルネーム、
数え年(満年齢でも善い)を書く
 
②人形にて各所を撫でる(罪穢れを移す)
・顔、または頭
・胸
・腕
・脚
・他、病氣の箇所など氣になる部位
 
罪穢れを移した人形に息を強く吹きかける
 
③人形を受付の箱に納める
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
また、
夏越の時に神社に設置されている
「茅の輪(ちのわ)」を
くぐる時のアドバイスです。
 
 
茅の輪は、
八の字を描くように、
まずは左から周り、
次に右、
そして次にまた左と
計三回くぐります。
 
 
ていねいな神社では
くぐり方をレクチャーする
看板なども立ててありますね。
 
 
茅の輪をくぐる時に
次のような歌を歌いながら
くぐると善いのです。
 
 
 
《夏越しの大祓の歌》
 
①番
「みな月の、 
 なごしのはらえする人は、 
 ちとせのいのち、
 のぶといふなり」
 
②番
「思ふ事、
 みなつきぬとて、
 あさの葉をきりに、
 きりてもはらへつる哉(われ)」
 
③番
「宮川の、 
 清き流れに、 
 禊(みそぎ)せば、 
 祈れることの、 
 叶はぬはなし」
 
この三番は、
知らない人も多いかもしれません。
 
また、
③に代わり
 
蘇民将来 蘇民将来
(そみん しょうらい、そみん しょうらい)
を繰り返しながらくぐるという方法もあります。
 
蘇民将来というのは
神道界では有名な
祓いについての伝説に基づく話です。
 
素戔嗚尊さまに
関するお話です。
 
 
①②③を覚えられない人は、
蘇民将来だけを唱えながら
くぐっても善いですね。
 
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
 
神社での大祓いは、
費用も安価であるのに
たいへん効果が期待できるものです。
 
これは神の國である
大和という國が千年以上に渡って
大切に継承してきた
ホワイトマジックと言えます。
 
國民ひとり一人を
ほんたうの幸ひ
にするために
國家を上げて
全力で行っているものなのです。
 
 
やればわかりますが
たいへん安心感が得られますので、
ぜひトライしてみてくださいね!!
 
 
でも
やっている神社と
やっていない神社がありますので
神社にて確認してくださいね。
 
 
基本的に一宮と呼ばれる神社であれば
ほとんど行っているはずです。
 
 
 
東京での、
個人的な感想として
私のオススメは
 
 
①品川神社
②湯島天神
③神田明神
がベスト3です。
 
 
関西では
①住吉大社(大阪)
②松尾大社(京都)
がオススメです。
 
 
他の地域では
一宮という格式を持つ神社でしたら
ほぼ大祓の儀式を催行されています。
 
 
備忘録にもなりますので
ためになったと思った方は
ぜひシェアをして
縁した方に教えてあげてくださいね。
 
 
 
では、
今日も
あなたとあなたの隣にいる人が
「ほんたうの幸ひ」
であり、
善き一日を過ごされますように!!

ABOUTこの記事をかいた人

郷右近丸彦プロフィール 郷右近 丸彦(ごううこん まるひこ) 株式会社スピリッツ・ザ・ウォーター代表取締役 天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)塾長 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事・主任研究員 1959年生まれ 職業・プランナー、プロデューサー、企画コンサルタント。 東京国際大学卒業後、メーカー、マスコミ業界、テレビ事業会社を経て独立。 平成9年9月9日に銀河鉄道999を走らせる「銀河鉄道999フェスティバル」、鳥取県境港市のテーマパーク「ゲゲゲの妖怪楽園」、環境浄化せっけん「善玉バイオ洗剤《浄(JOE)》」など数々の社会現象として話題となるイベント、事業、商品開発などを企画プロデュースする。日本を明るく元気にする「感動プランナー」を育成し、事業プロデュースをする感動創造プロデューサーとして活躍。解決が難しい課題を、わかり安く親しみやすい切り口からアプローチ、話題づくりにつなげることが評判となり、一部上場会社の企画顧問、様々な企業コンサルティングを行う。 現在は「ほんたうの幸ひ」とは何か?をテーマに「天のルール」と「地のルール」を教える「天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)」の塾長として活躍中。全国の神社を案内しながら、古神道にのっとった神社参拝方法や日本人の本質、大和魂とは何かを教えている。 その他役職 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事 主任研究員 趣味 書家。映画、舞台、能、絵画、メディアアートなどの芸術鑑賞 https://www.facebook.com/gogo.ukon