令和の波に乗る

《令和の波に乗る1》

今週末からGWですね。
今年は10連休という大型のGWなんですが
みなさんはどう過ごされるでしょうか?

5月1日は新元号となり
新しい時代が幕開けとなります。

時の流れを読んだ時
実は、このタイミングは超超重要な時なのです。

日頃の疲れを癒すために
バカンスに行く方たちも多いと思いますが
今回ばかりは
もうちょっと氣持ちを引き締めた方が
善いと思うのです。

世の中の動き
時の流れの中では
何度か大きな波がやってきます。

カンの善い人なら氣づいているでしょうけど
今回の波はかなり巨大です。

この流れは
実は2012年12月のマヤ暦が一つの終わりを
告げるというあたりから始まっています。
翌年の2013年には伊勢神宮と出雲大社が
同時に式年遷宮をしました。
これは偶然のできごとではないのです。

この断続的な波がなんども続いてきていて
いよいよ2019年5月1日に
巨大な波が来ます。

下手をすると
津波のように様々なものを
持って行かれて失う危険もあります。

これは自然災害という意味ではなくて
人生においての転換点という意味です。

すでに自分の周りでいろんなできごとが
起きていることに感づいている人は
多いと思います。

でもあらかじめ
その波に乗ろうと準備をしていた人は
大きな波の力を利用して
速く遠くまで行くことができるのです。

速く遠くへ行くというのは
自分の夢や目標を達成する力を得る
ことができるとも言えます。

言い換えれば
大きく飛躍するチャンスの時
とも言えるんですね。

できればこういう時には
じっくりと自分の人生を立て直すために
しっかりと時間を使うことをオススメします。

ここ数年の流れの中で
最大の波が来るのが
この5月1日を境目にした数日間です。

5月5日(日)は新月になりますから
この新月の日には
あることをすると善いのです。

波に乗る手順としては
まずは、4月中にある程度準備をしておく
そして、5月1日に第一ステップの儀式をする。
さらに、5月5日に第二ステップの儀式をすると善いでしょう。

天地彌榮塾の生徒さんなら
なんとなく想像がつくと思いますが
生徒さん以外でも
教えて欲しいという方には
お教えしましょう。

波に乗るのにどうしたら善いですか?
という相談をしたい方は
メッセージくださいね。

 

《令和の波に乗る 2》

五月一日は新元号となる日です。
この日は、かなり特別な日。

今までにないくらいの
強烈なエネルギーが
到来します。

そのエネルギーを
どうやったら受け取ることが
できるのか?
を、お話しします。

五月一日は
日本が根本から生まれ変わることを
願う日であると言っても
過言ではありません。

日本、
言い換えれば
大和という國が
令和という國に
生まれ変わるのです。

霊性を高め和する國。
それが令和の意味することです。

日本が生まれ変わるということは
そこに住む日本人一人ひとりも
生まれ変わることができる
ということなのです。

では、生まれ変わるために
具体的にどうすればいいのか?

それは神社に行って
次のことを
願い祈るのです。

①新天皇陛下がご健勝で
 聖務を全うされるよう
 お守りください。

②日本が和の國となり
 天地彌榮が成就できますように。

③これからの新年号において
 自分がさらに
 進化するための決意を
 申し上げます。

この三つのことを真剣に祈りましょう。
できれば正式な祈願として
昇殿参拝をすることをお奨めします。

願いごとの項目は
国家安泰
または
心願成就
でけっこうです。

できれば
勅祭社に参拝することをお奨めいたします。

勅祭社とは
天皇陛下と直結した
特別ランクの神社のことです。
ある意味、
日本中にある神社の最高ランクに
属する神社といえましょう。

勅祭社が近くになければ
一ノ宮に参拝することをお勧めいたします。

そのくらい重要なことだということです。

自分の個人的な願いを
さらっとしにいくのでは
ないのです。

今回の
新元号に変わる節目は
ただ年号が変わるという
レベルの出来事ではありません。

日本という目には見えない
生命共同体が
いよいよ覚悟をし
決意を天に向かってする日なのです。

そのことが理解できる人は
その覚悟を持って座につかれる
素晴らしき新天皇陛下を
心から応援しようではありませんか。

波に乗る
とは
単に自分のエゴの
欲求を満たす

ということではなくて
本来自分に備わっている
魂を磨くことであり
霊格を上げる決意をする
ということなのです。

《令和の波に乗る 3》

五月五日は新元号になって
初めての新月です。

新月の日に
願いごとを紙に書くと
願いが叶うという話を
聞いたことがある人は
多いと思います。

今回の新月は
今までとは違って
桁外れのパワーが宿る時なのです。

この特別なパワーの時を
逃してしまうのは
とてももったいないですね。

ぜひ
上手にこの波のエネルギーを使って
あなたの潜在能力を引き出してください。

ポイントは
「決意」をすることです。

何を決意するのか?
というと、
自分の本来の
魂を輝かせることを
「決意」する
ということなんです。

今までの
惰性に流されていた
毎日から脱し
ほんたうに自分が
やりたかったことをすること。

ほんたうの自分を取り戻す
「決意」をするということなんです。

そのために
今まで踏み込めなかった
一歩を踏み出してください。

勇氣をもって
新しい道に踏み出すのです。

例えば

前から氣になっていた
英会話学校に申し込むとか

いつかやらなければと思っていた
ファスティングに挑戦するとか

自分を変えるため
自分の殻を破るための
一歩を踏み出す覚悟を
することなんです。

五日にその決意をする。
始めるのはその後でもかまいません。

とにかく
五日の新月の日は
決意をすることなんです。

決意をして申し込むだけでもいい。

心を決めて
アクションをし出す日なんです。

もう一つ重要なポイントがあります。

新たな次元に進むためには
一人で進むのはなかなか難しいのです。

自分を助けてくれる仲間の力を借りる。

自分を導いてくれるメンターや
師と出会うということをする。

というのが
波に乗るための最大のコツなのです。

いいですか。
重要なのは
一歩踏み出す勇氣を後押ししてくれる
信頼できる他力を使うということを
決断するのがコツなのです !!

自力でがんばるのは
限界があります。

他力を使うのは
恥ずかしいことではないし
むしろ、
必要なことなのです。

他力とは

仲間
家族
師・メンター

そして
神さま

の力のことです。

苦しい時の
神だのみは
ほんたうは
恥ずかしいことではないのです !!

このような他力に
どうぞ力を貸してください
と、しっかり頼むことをするのです。

波の乗るためのヒントは
さらに、
こちらを読んでみてくださいね。

「天地彌榮塾・新元号募集」
地方の方も参加できる通信生もあります!!
天地彌榮塾に入ると
仲間や師・メンターの力を得ることができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://gogoukon.com/ametsuchiiyasaka-sankisei

身も心も浄化をする合宿も用意しました。
「三宝浄化合宿」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/events/332943654079029/

 

《令和の波に乗る 4》

令和という特別な年を迎えるということは
今まで経験したことのなかった
ビッグウェイブを迎えることである。

その波に乗るか、飲まれるかは
あなたの心がけと準備次第なのです。
ということを、何回かに分けてお話してきました。

今日は、とても衝撃的な本を
ご紹介しようと思います。

瀬戸龍介さんの
「富士山からのホ・オポノポノ 考えるな! 感じよう!
Don’t Think! Just Feel!」です。

まずは、この本の「はじめに」に書かれている
冒頭の文章を最初の一部のみ転用します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今、世界は新たなる局面を迎えようとしています。
それは、人類未踏の世界であり、我々は人類史上初めての体験をすることになるでしょう。
過去に何度も生まれ変わってきたあなたも、このような激変は未だに体験したことはないかもしれません。

そして、我が国、日本も、まさに新しい局面を迎えようとしています。
それは過去の歴史をいくらひもといても、過去のデータをいくら検索しても、全くわかり得ない世界の到来であります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ね ? 瀬戸さんもこの本のしょっぱなで言っているとおり、
今回起きる、ビッグウエイブは、今まで体験したものとは
ケタ外れに違うエネルギーが来るということがわかるでしょ??

さらに引用を続けましょう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

これを私たちは、待ちに待った
「みろくの世」と呼んでいます。

Who are you ?
あなたは誰ですか?

Where did you come from ?
あなたはどこから来たのですか?

Where are you going ?
あなたはどこに向かって歩いているのですか?

Why did you come to this planet Earth ?
あなたはこの地球という星に何をするために来たのですか?

これらの質問に、読者の皆様それぞれが、答えを見出すというのが本書の主旨であります。

これはすこぶる重要なことで、現代人は自分が誰であるか、何をすれば生きがいを感じるのか、どうしたいと本当は思っているのか、これらの人生における重要な要素がことごとくぼやけてわからなくなっているのが現状でしょう。

生まれると、間もなく保育園あるいは幼稚園、小学校、中学校、そして高校、大学という、知らず知らずのうちに敷かれたレールの上を、教育という名の列車に乗って、いやが応でも走りつづけるように設定されています。

そして、間もなく財布というものを持たされてお金というものと付き合わなくてはいけない羽目に陥るでしょう。
勿論、「お金」とは何なのか?
ということなどは学校ではほとんど教えてくれません。

氣がつくと、就職するのか、しないのか、という分かれ道に立たされます。
まだ、自分は何をしたいのか、人生をどう生きたいのかというような考え等が及ぶ前に、無理矢理に就職活動をしなくてはならなくなるのです。

実に変です !
変、極まりない時代です !

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私も、全く、そう思います。

この瀬戸さんの新刊本は、
ちょっと普通の本より厚みがあるのですが
たのしく書かれているので、
さらさらっと読んでしまえます。

瀬戸さん本人を知っている人なら、
瀬戸さんが語りかけているような口調で
進んでいるのがわかります。

何しろ、あの「瀬戸節」ともいえる、
冗談がいたるところに飛び出すのですから !!

驚き、桃の木、山椒の木、
ブリキに、狸に、洗濯機、
なんていうことを、
しょっちゅう言ってるのですから(笑)

ところが !!
この冗談の合間に、
とんでもない秘密のことを書いているのです !!

この冗談連発は、
あまりにもほんたうの秘密を言っているので、
わからなくするためのカモフラージュに違いありません。
いわゆる、ケムに巻く、というやつです。
ケムトレイルではありませんよ(笑)

ほんたうのことを知っている人が読むと、
あららら—!?
瀬戸さんそこまで言っちゃっていいの??
という超重大な秘密のことまで、
書いてあるのです。

でも、大丈夫
たぶん、ほとんどの人は、
その秘密のことが、
どのくらい重要なことなのかわからずに、
スルッと読み飛ばしてしまうでしょうから(笑)

いつも私が授業で教えている
「秘術」のようなことが、
ここには書かれているのです。

しかも、私は、
まだあなたたちには早いから教えられません。
と言って、もったいをつけて教えていない(笑)
超超重大な秘密であり、
具体的なことまで書かれています。

私も、
なんでここまで、
いろいろ秘術を大サービスして明かしているの?

と、関係者から言われるのですが、
いよいよ、
目覚める人を本格的にサポートすべき時代に
なってきたからなのです。

その重大な秘密のことが、どこの部分なのかは、
あなたが自分で読んで、見つけてください。

読んだ人の中で、
どの部分に重要な秘密が隠されているのか、
さらに本では書いていない奥がありますので、
もっと意味を知りたい人は、
私あてにメッセージくださいね。

本では書かれていないことも、
解説をしてあげましょう。

富士山からのホ・オポノポノ 考えるな! 感じよう!Don’t Think! Just Feel!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.amazon.co.jp/富士山からのホ・オポノポノ-考えるな!-感じよう!Don’t-Think!-Feel!/dp/486471732X

《令和の波に乗る 5》

 

令和にちなんだ「波の乗り方」シリーズも
今日で最後の情報です。

このところ毎日たくさんの方からメッセージで相談や報告を受けます。

その内容を整理すると、明らかに「令和」の時代の幕開けと共に強大なエネルギーが訪れていることが判ります。

体調を崩して緊急入院をされた方もいますし、
大きなトラブルに遭遇して
困りはてて相談をしてきた方もいます。

逆に、丸先生のおかげで奇跡が起きました!!
という喜びの報告も何件も受けています。

明らかに明暗が分かれていると言えますね。

私はこの強大なエネルギーの日に備えて
一人で家にこもって、
じっくり祈ったり、
原稿を書くということをしています。

凄まじいエネルギーが動いているので、
安静にしているという感じなのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日は新月ですね。

新月という日は、
これから何かを始める時に
もっとも適したエネルギーの時の日です。

エネルギーがとても少なくなっているから
逆にこの日を境に始めることをすると
毎日成長するエネルギーを
受けることができるから
始める日として適しているのです。

今回の令和元年というのは、

みなさんが考えている以上に
はるかに巨大なエネルギーが

訪れているというのは何度も
お話をさせていただきましたが

今日の新月のタイミングというのは
はっきりいうと、

30年に一回くらいの
大チャンスの日なのです。

この大チャンスの日を逃すということを

別な言い方をすると

「波に乗り遅れる」ということです。

いいですか?

30年に一回の大チャンスの波を逃す
ということなんですよ。

では、あらためて、
新月の日に何をしたらいいのか?

ということをポイントをまとめて解説をします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

①自分を変える、成長する、決意をする。

覚悟を決める、ということでもあります。
できれば、はっきり決意をするたために
紙に書き出しておくと善いでしょう。
それを壁に貼ったり、手帳に入れて持ち歩く
ということをしても善いと思います。

できれば、その決意を毎日、言霊として
唱えると善いでしょう。

私の場合は、
これを祝詞のように整えたものを
毎日、神棚の前で
読み上げるということをしております。

私の場合の実例の一部を教えますと

「私は今日も一人以上の困っている人を助けます」

と、宣言することをしています。

他にも宣言していることはたくさんあります 😊

②新月の日に、新たに始めることを決めてやり始める。

この、やり始める、ということが重要です。

例えば、私のセミナーを受けた方の中では
今日からダイエットを始める、という人が何人かいらっしゃいます。

ものごとはスタートをする時にきっかけになる時を選ぶのが目標を達成するコツでもあるのです。

また、今日からスタートをするのが無理だとしても
今日、何かをするための申し込みをする、ということでも意味はあります。

セミナーに参加する、
誰かに会う約束を取り付ける

という、予約をした、というのもスタートをしたことになります。

③波に乗るために助けてくれる仲間や師に挨拶をする。

今回は、特に巨大な波です。
この波にうまく乗るためには、
自分一人の力だけでは難しいのです。

同じ目標に向かって波に乗る人同士が助け合うことで
大きな波に乗り続けることができます。
巨大なエネルギーなので、
うっかりすると振り落とされるからです。

振り落とされそうになった時に
手を差し伸べてくれる仲間や師がいることで助かることは多々あるのです。

でも、その人たちに、きちんと一緒に波に乗りましょう、

挨拶をし、
約束をしなければ、

手を差し伸べてくれません。

失敗をする人の共通は、
この挨拶をしない、
約束をしない、
という人なのです。

ですから、

私は生徒さんにはあえて
誓約書を書いていただいて確認をしています。

こちらも本氣で教えたり、
力を貸すのですから、
きちんとお互いに確認をする、
ということなのです。

大切なのは、

一人で波に乗ろう
としないことです。

そして、

協力してもらえる相手に、

きちんと、

よろしくお願いいたします

と挨拶をし、

お互いの信頼関係を築くことなのです。

あなたは、
自分を助けてくれる信頼できる人がいますか?

また、
そういう人ときちんと、

助け合う関係である

ということを確認できていますか?

その人と、
今日の新月には必ず直接やりとりをしてくださいね。

ネットのメッセージではダメです。

エネルギーが弱いのです。

直接会って確認するか、

最低でも電話で話をしてください。

大切なことは、

リアルなコミニュケーションで

なければ通じないものなのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて。

これで「令和の波に乗る」ノウハウは終了です。

ぜひ、これを機会に、

しっかりと「運氣」の波を捉え

善き人生に迎えるように進んでくださいね。

そして、

大切なのは、

自分一人だけよくなろうとしないことです。

善いと思ったら、誰かに教えてあげる。

隣にいる人を誘ってあげる、ということをすることです。

シェアも大歓迎です。

もっと教えてもらいたい

相談をしたい

という人はコメント欄に書くのではなく

私あてに直接メッセージをくださいね。

大切なのは、

考えてばかりじゃなくて、

即行動することです!!

それが30年に一度の大チャンスの

今日の新月に行動することです!!

ABOUTこの記事をかいた人

郷右近丸彦プロフィール 郷右近 丸彦(ごううこん まるひこ) 株式会社スピリッツ・ザ・ウォーター代表取締役 天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)塾長 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事・主任研究員 1959年生まれ 職業・プランナー、プロデューサー、企画コンサルタント。 東京国際大学卒業後、メーカー、マスコミ業界、テレビ事業会社を経て独立。 平成9年9月9日に銀河鉄道999を走らせる「銀河鉄道999フェスティバル」、鳥取県境港市のテーマパーク「ゲゲゲの妖怪楽園」、環境浄化せっけん「善玉バイオ洗剤《浄(JOE)》」など数々の社会現象として話題となるイベント、事業、商品開発などを企画プロデュースする。日本を明るく元気にする「感動プランナー」を育成し、事業プロデュースをする感動創造プロデューサーとして活躍。解決が難しい課題を、わかり安く親しみやすい切り口からアプローチ、話題づくりにつなげることが評判となり、一部上場会社の企画顧問、様々な企業コンサルティングを行う。 現在は「ほんたうの幸ひ」とは何か?をテーマに「天のルール」と「地のルール」を教える「天地彌榮塾(あめつちいやさかじゅく)」の塾長として活躍中。全国の神社を案内しながら、古神道にのっとった神社参拝方法や日本人の本質、大和魂とは何かを教えている。 その他役職 NPO法人サスティナブル・コミュニティ研究所 理事 主任研究員 趣味 書家。映画、舞台、能、絵画、メディアアートなどの芸術鑑賞 https://www.facebook.com/gogo.ukon